急にピンチ?!新たな加工先は見つかるか?part1

u--muM営業マン「まさか、いきなり電話して見学okだなんて…。準備とかどうしているんだ?」

若干の疑問を持ちつつも、私は、株式会社ハラサワという会社に向かっていた。
そんな私を困らせる電話がかかってきたのは今朝のことだった。

営業マン「規格外のパイプが必要なんですか?製作できる会社を探してほしいと。えっ?!明日の午前中まで?」

規格外のパイプが欲しいと得意先から電話がかかってきたのだ。しかも明日までにできる会社を探す必要があると来たもんだ。ネットで探せばできる会社は見つかるだろう。しかし、この得意先はそう簡単にはいかない。いつも立ち会い生産を求めてくるし、製造している場面を写真で欲しがる。つまり、できそうな会社に電話をし「ここならできそうですよ」と回答するだけでは満足してもらえないのだ。ならば、すぐにサンプルを製造してもらえて、しかも写真を撮らせてもらえる会社を探すしかない。それも期限を考えると今日中に…。

営業マン「これは困った仕事だな…。」

忙しい一日になる、と思いながら私は会社を探し始めた。

…予想通りだった。そんな都合の良い会社はなかなかない!
そもそも私の会社は都心にある。移動時間を考えると、最低でも都内にある会社でなければならない。その上、工場を持つ会社。都内に営業所を持ってはいても、工場は郊外にある場合が多い。おまけに規格外パイプができる会社、となれば、ほとんどないのだ。
正午を過ぎ、焦り始めた私の目に、ある会社が目に留まった。

-株式会社ハラサワ-
ハラサワは『工場見学』いつでもやってます。

工場見学をいつでもやっている、だと?本当に「いつでも」なのか?しかも規格外のパイプを作っていて、工場も都内にある。もうこの会社しかない。でも、この会社でダメだったら…?不安な気持ちも同時に持っていたが、迷っている暇はない。私はすぐに電話をかけた。

営業マン「工場見学をやっていると見まして、…あの、すぐに行っても大丈夫ですか?」

恐る恐る聞いてみると、二つ返事で了承を得られた。

株式会社ハラサワ「はい!すぐにお越しいただいて大丈夫です。場所をお伝えしますね。」
営業マン「端材でいいので、実際に加工しているところを撮影したいんですけど、それも出来ますか?」
株式会社ハラサワ「端材の大きさはこちらの都合でご用意しますが、すぐに加工できますので、撮影していただいても大丈夫です」
営業マン「わかりました。よろしくお願いします」

やったぞ、出来そうなところが見つかった!
でもそんなにすぐに加工できるのか?生産計画だってあるだろうし、そもそも機械は段取りとかの調整が必要だ。そんなにすぐにできるとは思えないが…。
私の「すぐ」と相手側の「すぐ」の時間が違う、というオチではないだろうか?一抹の不安を抱えながら、株式会社ハラサワへ向かった。荒川区にあるのか。

-

ということで、冒頭に戻る次第である。私は車を駐車場に止めたが、まだ緊張は続いていた。他に候補はないからだ。私はすでに得意先への言い訳を考えていたぐらいだ。
工場見学担当者「お待ちしておりました。早速ご案内させていただきます。」
営業マン「お願いします。あの、いきなりで悪いのですが、先に加工中の写真だけ撮ってもよろしいですか。」
工場見学担当者「ええ、どうぞ。もう用意しておりますので、加工をご覧ください。」

用意してあるだって?私が電話して到着するまで一時間経ってないぞ?用意が早すぎないか?一体どうなっているんだ…。

社員1「こんにちは!」
社員2「こんにちは!」
営業マン「こんにちは。今日はよろしくお願いします」

社員の挨拶も清々しい。社員の質は悪くない。もしかしたら、大丈夫かもしれない。

工場見学担当者「ではこちらで加工します」

…できてる!加工も問題ないし、段取りも完璧。なんて対応の早い会社なんだ。

営業マン「素早いご対応ありがとうございます!」
工場見学担当者「いえいえ。これは弊社の特徴なんですよ。」

その後、工場見学をしていて理解できた。対応が早い、というのはハラサワの大きな特徴なんだそうだ。yoshiM少量多品種に対応しており、工場見学ぐらいならすぐに用意できるらしい。助かった。これで取引先にいい報告が出来そうだ。「株式会社ハラサワ」、覚えておかないと。今後頼むかもしれないし。


驚きがいっぱいの工場見学 part2はこちらから。

ブログトップへ