>>サイトマップ   >>お問い合わせ 
Home > 製品紹介 > 製品規格 > 真円度
  • 真円度

板巻きパイプはその特性上、特別な処置をせずには真円に作ることができません。規格表上、製作可能なサイズとして表記されていても保有する金型や治具、芯金の関係上精度を出せない死角となっているサイズもございます。

リストライク前

以下の表は±0.3~0.4mm程度の真円度で製作することが可能なサイズをまとめたものとなっております。参考情報としてご覧ください。
※50本未満のご注文に限り、表の数値を基準に±1.0mm程度であれば表にないサイズでも±0.3~0.4mmの真円度は実現可能です。

Φ20 21 25.4 28.6
Φ30 30 32.4 34.9 35 38.1 39.5
Φ40 40 40.5 41 41.5 42 42.5 42.7 43.9 44.9 45 45.6 46.2 47 47.6 48.6 49.8
Φ50 50.4 50.8 51 52 53.4 53.5 54 54.3 54.9 56 57 57.2 57.5
Φ60 60.5 62.5 63.5 63.9 65
Φ70 71 75 78
Φ80 83 88
Φ90 91 94
Φ100 101.7 110 116

 

⇒加工のご相談はこちらから
⇒製作お見積りはこちらから
←前のページに戻る
▲このページのトップへ