◆板巻きパイプ(未溶接部なし)


溶接部
 径:φ35~φ85.9程度
 板厚:0.6t~1.2t程度
 ※適用サイズ外での未溶接部なしの場合、
 レーザーカットにてご対応となります。


板巻きパイプには通常2~3㎜の未溶接部が残る仕様となります。
この未溶接部がないように製品をつくる場合、板材に溶接シロ(タブ)を切り出しておき、最後にこれを切り落とすことで未溶接部なしの製品にします。

つまり未溶接部なしの板巻きパイプをつくる場合は、通常より少なくとも2工程分余計な手間がかかる+溶接シロの分、材料サイズも大きくなるわけです。

この仕様は主に後工程に末端部への拡管や絞りなど、変形を伴う加工をするものに適用します。外観品質を重視する場合、この仕様を指定されるのはあまりお勧めいたしません。

≫展示品一覧へ戻る